【 ポイント3倍 3%OFF・ スケジュール帳 2018 DELFONICS デルフォニックス 2018年1月始まり(2017年10月始まり) 手帳 週間レフト式(ホリゾンタル) B6 B6 リネン キャラクター 可愛い とじ手帳 手帳 ビジネス手帳 手帳のタイムキーパー】の口コミ・レビュー

 ポイント3倍   3%OFF・   スケジュール帳 2018 DELFONICS デルフォニックス 2018年1月始まり(2017年10月始まり) 手帳 週間レフト式(ホリゾンタル) B6 B6 リネン キャラクター 可愛い とじ手帳 手帳 ビジネス手帳 手帳のタイムキーパー


Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 86
ポイント3倍 3%OFF・ スケジュール帳 2018 DELFONICS デルフォニックス 2018年1月始まり(2017年10月始まり) 手帳 週間レフト式(ホリゾンタル) B6 B6 リネン キャラクター 可愛い とじ手帳 手帳 ビジネス手帳 手帳のタイムキーパーの口コミ・レビューを全てを読む

 商品名・B6 リネン詳細・始まり年月 :2018年1月始まり(2017年10月始まり)・種類 :とじ手帳・品番 :16085_180033・サイズ :B6サイズ・メーカー名 :DELFONICS / デルフォニックス・素材・原材料 コットン、レーヨン ・商品本体サイズ 縦193×横138×高さ14mm ・その他仕様 (品番)180033 204・(期間)2017年10月〜2018年12月 (始まり曜日)月曜日始まり (レイアウト)月間ブロック+週間レフト ・レイアウト (週間)レフト ・サイズ B6・B6変型 ・始まり月 2017年10月 ・手になじむ布張りの表紙とシンプルデザインが魅力のダイアリー・布張りの表紙にシンプルなタイポグラフィが魅力のB6ダイアリーです。・さらりとしたリネンの素材感が手によくなじみます。・中面は見開き1ヶ月のマンスリーと、見開き1週間のウィークリーで構成。ウィークリーは左ページに1週間、右ページは罫線メモになっています。カテゴリー ・分類 :とじ手帳>ウィークリー>週間レフト式(ホリゾンタル)・分類 :サイズで探す>とじ手帳>B6サイズ・分類 :ブランド名で探す>デルフォニックス(DELFONICS)>とじ手帳・分類 :デザインで探す>とじ手帳>カラー・シンプル・ベーシック・分類 :用途・機能で探す>とじ手帳>手帳を初めて使う方へオススメ手帳手になじむ布張りの表紙とシンプルデザインが魅力のダイアリー イエローライトピンクスカイブルーオリーブ麻シャンブレーグレーサテン ミントサテン ダークブルー

漫画(マンガ)で英語学習

SLAM DUNK(スラムダンク)の洋書(マンガ)で英語学習 "Who do you think you are?"

SLAM DUNK(スラムダンク)一巻から「誰のこと言ってんだ!」
Did you just call me chicken
「Did you just call me chicken」は、「誰がチキンじゃ!おらー。」
「He's losing it!」は「ブチぎれてる」
「You can't talk to me like that, punk」「誰に口きいてんだオラー。」
Beat it, scrub
「Beat it, scrub」は、スラングで「引っ込んでろ、雑魚」
「This year's first-years sure are feisty.」「feisty」は、「威勢がいい」
「You must be + 人の名前」は、「あなたが○○さんですよね。」もちろんここでは、こんな丁寧な言い方ではない。
「Enough!」は、「もう充分だろ。」「いい加減にしろ」
「I will have you all suspended」「お前ら全員停学にするぞ」
Fine, Mito
「Fine, Mito, you're responsible for making sure that fool shows.」「良いだろう。水戸。お前が責任もってそのバカに言っとけ。」
「be responsible for」は、「〜に責任を持つ」で「make sure that」は、「確認する」
「We'll deal with you both together.」は、「二人ともやってやるよ。」
「deal with」は、「始末する」
「I swear to」「〜に誓う」だけど、ここだと「やってやるよオラー」みたいな感じか?
「Oh my gosh!」「Oh my god」「Oh my goodness」「Jesus」とかは、まあ違いあるのかもだけど、気にする必要はないかな。

もっと「誰のこと言ってんだ!」を読む

漫画で英語
【ベルギー】アトミウム

【ベルギー】GODIVA
本店だっけか?ベルギーにはチョコレート屋さんが日本のコンビニと同じくらいありました。

【ベルギー】ジュリアン君
3大ガッカリの一つ。うちの小学校にもあったような。

【ベルギー】ジュリアン君チョコレート
日本ならとりあえず、饅頭にしとけてきなのが、ベルギーだとチョコレートです。

【ベルギー】ブルージュ
北のヴェニスと言われるブルージュの運河。C'est tellement beau.

【ベルギー】美食の国ベルギー
ベルギーの食事は美味い。ビールも美味い!んだろう。下戸ですがなにか?

【フランス】エスカルゴ
初エスカルゴ頂きました。

【フランス】ルーブル美術館
ダ・ヴィンチ・コードや、最近では、パナソニックのLED証明のCMでよく見るよね。

【フランス】エッフェル塔
世界中に模倣品あるよね。


最近覚えた辞書にないフランス語?