【NBA キャバリアーズ レブロン・ジェイムス リストバンド プレーヤーリストバンド】の口コミ・レビュー

NBA キャバリアーズ レブロン・ジェイムス リストバンド プレーヤーリストバンド


Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 86
NBA キャバリアーズ レブロン・ジェイムス リストバンド プレーヤーリストバンドの口コミ・レビューを全てを読む

アイテム詳細商品説明各プレイヤーのジャージをインスパイアしたリストバンド。フロントにはチームロゴの刺繍、バックにはNBAロゴの刺繍と選手名、背番号が入っております。バスケの練習・試合に、ファッションに、いつでも活躍できるNBAリストバンドです。サイズ縦10cm×横8cm素材コットン80%、ナイロン10%、ラテックスラバー10%ブランド-生産国-注意点・商品写真はモニターの影響で色の変化が感じられる場合がございます。・個体差によるサイズの誤差が生じる場合がございます。・洗濯方法・アイロン使用法につきましては、品質表示マークに従ってください。関連キーワード[プロバスケットボール][Cleveland Cavaliers][LeBron James #23]

漫画(マンガ)で英語学習

SLAM DUNK(スラムダンク)の洋書(マンガ)で英語学習 "That's guy's got something"

SLAM DUNK(スラムダンク)一巻から「あいつ只者じゃないぞ」
That's guy's got something
「That's guy's got something」何かもってるってことだね。ハンカチみたいに自分で言って持ってなかったのもいるけどね。
「They're really getting into it!」は、「みんなのめり込んでいる」「getting into it」は、夢中になるかな。
「The guy's got heart, I'm telling you!!」は、「なんかやってくれるような気がする」
「I'm telling you」は、前の文章を強調。
「There's just something」は、「どことなく」
You can do it!
「You can do it!」は、「頑張ってー」
「She doesn't hate me!」は、「嫌われていなかった。」
「He's totally stoked!」は、「完全に立ち直ったぞ」
stokedは、Happyやexcited以上の気分の時に使えるスラングらしい。
「Let him do what he wants.」「好きなようにさせろ」

もっと「あいつ只者じゃないぞ」を読む

漫画で英語
【ベルギー】アトミウム

【ベルギー】GODIVA
本店だっけか?ベルギーにはチョコレート屋さんが日本のコンビニと同じくらいありました。

【ベルギー】ジュリアン君
3大ガッカリの一つ。うちの小学校にもあったような。

【ベルギー】ジュリアン君チョコレート
日本ならとりあえず、饅頭にしとけてきなのが、ベルギーだとチョコレートです。

【ベルギー】ブルージュ
北のヴェニスと言われるブルージュの運河。C'est tellement beau.

【ベルギー】美食の国ベルギー
ベルギーの食事は美味い。ビールも美味い!んだろう。下戸ですがなにか?

【フランス】エスカルゴ
初エスカルゴ頂きました。

【フランス】ルーブル美術館
ダ・ヴィンチ・コードや、最近では、パナソニックのLED証明のCMでよく見るよね。

【フランス】エッフェル塔
世界中に模倣品あるよね。


最近覚えた辞書にないフランス語?