【マイケル・ジョー ン 父さん。僕の人生をどう思う? [ ローランド・レイゼンビー ]】の口コミ・レビュー

マイケル・ジョー ン 父さん。僕の人生をどう思う? [ ローランド・レイゼンビー ]


Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 86
マイケル・ジョー ン 父さん。僕の人生をどう思う? [ ローランド・レイゼンビー ]の口コミ・レビューを全てを読む

父さん。僕の人生をどう思う? ローランド・レイゼンビー 佐良土茂樹 東邦出版マイケル ジョーダン レイゼンビー,ローランド サロウド,シゲキ 発行年月:2016年11月 ページ数:734p サイズ:単行本 ISBN:9784809414329 ホリー・シェルター/負けず嫌い/ダイヤモンド/1軍漏れ/23番/変貌/ファイブスター/マイケル/新入生/新しい何か〔ほか〕 肩をすくめる仕草、伝説的なショット、語り草となったインフルエンザの試合、そうした名でスポーツ史に深く刻まれる壮麗なシーンを生み出したのは、ほかでもないマイケル・ジョーダンである。彼に思いを馳せるとき、大半の人間が、どちらに転ぶともわからない接戦で放たれた象徴的なシュートを思い浮かべるーそう、リムに当たることなくネットに吸い込まれるシュートだ。しかし、数えきれないほどの偉大さの反面、影の部分もある。容赦なく闘争を仕掛ける姿や、ギャンブルに明け暮れる姿だ。こうした様々な人間性を偏りなく描き出した伝記は決して存在しなかったー今、このときまでは。ここには、選手として、時代や文化の象徴として、そしてひとりの人間として、初めて明らかにされるマイケル・ジョーダンの真実の姿がある。 本 人文・思想・社会 歴史 伝記(外国)

漫画(マンガ)で英語学習

SLAM DUNK(スラムダンク)の洋書(マンガ)で英語学習 "What am I going to do?"

SLAM DUNK(スラムダンク)一巻から「どうしよう。」
What am I going to do?
「SIGH」は、ため息。英語って音を文字であらわす文化ないんだろうね。
「It was all a big mix-up.」は、「勘違いだよ。」
「I jumped to conclusions and said horrible things!」「勘違いして、あんなひどいこと言っちゃった。」
「jumped to conclusions」は、勘違いする
「find out」「真意を見抜く」とかだけどまあ気づくってことだね。
「My face is bleeding with shame!」は、「恥ずかしくて顔から血が出そう。」
「Burning, you mean?」は、「火でしょ。」とツッコミ。
この辺のツッコミの文化は、英語でもあるのかな? 「you mean」

もっと「どうしよう。」を読む

漫画で英語
【ベルギー】アトミウム

【ベルギー】GODIVA
本店だっけか?ベルギーにはチョコレート屋さんが日本のコンビニと同じくらいありました。

【ベルギー】ジュリアン君
3大ガッカリの一つ。うちの小学校にもあったような。

【ベルギー】ジュリアン君チョコレート
日本ならとりあえず、饅頭にしとけてきなのが、ベルギーだとチョコレートです。

【ベルギー】ブルージュ
北のヴェニスと言われるブルージュの運河。C'est tellement beau.

【ベルギー】美食の国ベルギー
ベルギーの食事は美味い。ビールも美味い!んだろう。下戸ですがなにか?

【フランス】エスカルゴ
初エスカルゴ頂きました。

【フランス】ルーブル美術館
ダ・ヴィンチ・コードや、最近では、パナソニックのLED証明のCMでよく見るよね。

【フランス】エッフェル塔
世界中に模倣品あるよね。


最近覚えた辞書にないフランス語?