【 703085-010 NIKE(ナイキ) PRO HYPER COOL COMPRESSION 6INCH SHORT ナイキ プロ ハイパークール コンプレッション 6インチ ショート (ブラック) インナータイツ パワタイ 速乾素材使用 】の口コミ・レビュー

 703085-010 NIKE(ナイキ) PRO HYPER COOL COMPRESSION 6INCH SHORT ナイキ プロ ハイパークール コンプレッション 6インチ ショート (ブラック)  インナータイツ  パワタイ  速乾素材使用


Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 86
703085-010 NIKE(ナイキ) PRO HYPER COOL COMPRESSION 6INCH SHORT ナイキ プロ ハイパークール コンプレッション 6インチ ショート (ブラック) インナータイツ パワタイ 速乾素材使用 の口コミ・レビューを全てを読む

商品情報 練習着やユニフォームの下に着る伸縮性あるコンプレッションインナーウェア。 安定したフィット感、DRI−FITとメッシュの素材によるクールで快適な履き心地に加え、4wayストレッチにより自由な動きを実現。 快適に練習できることで、試合での勝利に向けた万全の準備が可能。 メッシュ素材のマチで通気性とサポート力が強化され、クールで快適な履き心地が実現。 適度な長さの股下がユニフォームの下で安定したカバー力を確保。 DRI-FIT 素材 本体:ポリエステル92% スパンデックス8% 素材 体にタイトにフィットするインナーウェアタイプです ◆ナイキプロ インナーウェア をチェック! サイズのおすすめ サイズ M L XL 身長(cm) 155-176 176-185 176-185 胴囲(cm) 78-85 84-91 90-97 上記、商品タグ記載サイズチャート ※アパレル・グッズ品関係は不良品以外の返品・サイズ交換はお受け出来ません。 予めご了承下さい。【703085-010】NIKE(ナイキ) PRO HYPER COOL COMPRESSION 6INCH SHORT ナイキ プロ ハイパークール コンプレッション 6インチ ショート (ブラック) 【インナータイツ】【パワタイ】【速乾素材使用】

漫画(マンガ)で英語学習

SLAM DUNK(スラムダンク)の洋書(マンガ)で英語学習 "Akagi's defense is even more formidable than his offense!"

SLAM DUNK(スラムダンク)一巻から「赤木のすごさは超パワフルなオフェンスよりもむしろその鉄壁のディフェンスにあるとみる専門家も少なくないと聞く・・・。」
Akagi's defense is even more formidable than his offense!
わりと名言(?)なのに、英語版だと簡単にされちゃうのね。formidableは、手ごわいで、「赤木のディフェンスはオフェンスよりもすごい」って。
「Says who?」は、「誰が言ってんすか?」ツッコミ
「Syss me!」は、「俺が言ってるんだよ。」ちょっと待て。原作の専門家が言ってたてのは?
「He was in the zone!」最近、zoneって言葉も日本で定着してきたよね。ゾーンに入るとか。
「The rest of us are so lousy that we lost」は、「俺たちがふがいないから負ける」lousyはネガティブな意味で使う感じかな。
The fly swatter!!
「There it is!」は、「でた!」
「The fly swatter!!」は、「ハエ叩き」
Way to go
「Way to go」は、「その調子」「やれやれ」
「They don't call him the king kong of the court for nothing!」は、「ゴール下のキングコングの名前はだてではない。」これは、2重否定で肯定ってことか?
「Now what's he gonna do?」は、「さあどうする」
「He's just learning!」は、「彼は初心者なのよ」
「He can tell Hanamichi's not just some pushover」は、「花道のことを只者じゃないと認めてるんだ。」
「Hanamichi's playin' for real, too」は、「花道もまじだぜ」 for realは、真剣
「He's up to something」は、「何か狙ってるな。」
「Is he giving up and taking a desperate shot?!」は、「あきらめて、無茶なシュートを。」

もっと「赤木のすごさは超パワフルなオフェンスよりもむしろその鉄壁のディフェンスにあるとみる専門家も少なくないと聞く・・・。」を読む

漫画で英語
【ベルギー】アトミウム

【ベルギー】GODIVA
本店だっけか?ベルギーにはチョコレート屋さんが日本のコンビニと同じくらいありました。

【ベルギー】ジュリアン君
3大ガッカリの一つ。うちの小学校にもあったような。

【ベルギー】ジュリアン君チョコレート
日本ならとりあえず、饅頭にしとけてきなのが、ベルギーだとチョコレートです。

【ベルギー】ブルージュ
北のヴェニスと言われるブルージュの運河。C'est tellement beau.

【ベルギー】美食の国ベルギー
ベルギーの食事は美味い。ビールも美味い!んだろう。下戸ですがなにか?

【フランス】エスカルゴ
初エスカルゴ頂きました。

【フランス】ルーブル美術館
ダ・ヴィンチ・コードや、最近では、パナソニックのLED証明のCMでよく見るよね。

【フランス】エッフェル塔
世界中に模倣品あるよね。


最近覚えた辞書にないフランス語?