【ロケッツ キャンディロール (ラムネ菓子) 135g 1袋】の口コミ・レビュー

ロケッツ キャンディロール (ラムネ菓子) 135g 1袋


Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 85

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/main.jp-keitaide/web/review_en.php on line 86
ロケッツ キャンディロール (ラムネ菓子) 135g 1袋の口コミ・レビューを全てを読む

原 材 料 ブドウ糖、クエン酸、ステアリン酸カルシウム、香料、着色料(赤40、黄4、黄5、青2) 内 容 量形 態 ●135g/1袋 ●ロケッツ・キャンディロールは一つ一つ個別包装になっています。 袋 の 大 き さ ●(約) 21.5cm×13.7cm/袋 製 造 国 ●カナダ製 日 本 語表 記 ●この商品には、国内で販売するための輸入者・原材料名・賞味期限等を記した日本語シールが貼られています。 シールの剥がしやすさ:A(簡単) A:簡単に剥がすことができます。もしくは、剥がせるシールを使用しています。 B:慎重に剥がして下さい。本体も剥がしてしまったり、シールが切れたり、剥がした後のベトベト感が残ることがありますので、セロテープ等で後処理が必要です。 C:シールを剥がすことは困難です。もしくは、本体に日本語が印刷されています。 注意事項:評価は当店の評価です。剥がしやすさの感覚には個人差がございます。ご了承下さい。 ブ ラ ン ドインフォメーションロケッツ ★CeDeCandy社★ ROCKETS(ロケッツ)を製造するCeDeCandy社は、1932年に英国で誕生し1949年にアメリカへ渡りました。お子様から大人の方までがお楽しみ頂ける商品として、CANDYROLLSは60年以上親しまれて来ました。現在ではアメリカとカナダの工場で製造され、1年間に生産するCANDYROLLSの数量は、数十億ロールとなり繋ぎ合わせると85,000マイル以上(地球3周以上)となります。 保 存 方 法 ●高温多湿、直射日光を避けて保存して下さい。 ●開封後は早めにお召し上がり下さい。 栄 養 成 分 【7.5g/1ロール】 ★カロリー:30kcal ★脂 肪:0g ★炭水化物:7g ★タンパク質:0g ギフトラッピング ●商品と配送の性質上『食品』の個別ギフトラッピングは行っておりません。当店で販売の『ラッピング資材』をご購入の上、お客様方でラッピングをしていただきますようお願い致します。 宅 配 便 送 料 宅配便は地域により送料が違います。下記『ショッピング インフォメーション』の地域別送料をご確認の上ご利用下さい。配送に関しての詳細は、こちらからご確認下さい。 この商品は、メール便配送をご選択いただいてもメール便配送はできません。送料を変更して宅配便として出荷致します。ロケッツ キャンディロール

漫画(マンガ)で英語学習

SLAM DUNK(スラムダンク)の洋書(マンガ)で英語学習 "Your value is too small tobe mentioned! Only this much!"

SLAM DUNK(スラムダンク)一巻から「オマエなんかこれっぽちの価値もない。」
Your value is too small tobe mentioned! Only this much!
「There is no way that I would want it.」は「オマエなんか入部してほしくない。」
「My uniform is gone!」は、「オレのユニフォームがないな。」
「Weird...」は、「変だな」
「That one is too smelly. I can no longer wear it.」は、「くさくて着れん。」
too smelly は、あまりにも臭う→臭い
「no longer」は、もはや〜ないだったかな?
「Must get along with him.」は、「上手くやっていかなきゃならないんだ。」
「Who did you say was a gorilla?」は、「誰がゴリラだって?」
「This way of talking to captain Akagi is too disrespectful!」は、「赤木キャプテンに失礼だ。」
Was it you? This bastard!
「Was it you? This bastard!」は、「オマエか?この野郎。」
「Pay no attention to that imbecile.」は、「バカはほっとけ。」
「Damn you're too barbaric!」は、「くそ。なんて横暴な。」
「Tell me how to please that gorilla.」は、「あのゴリラが喜びそうなことを教えてくれ。」pleaseは、喜ばせる
「The captain is very serious about respect for the older years! So you absolutely cannnot use violence on one of your seniors!!」は、「キャプテンは上下関係に厳しいからそんなことできない。」

もっと「オマエなんかこれっぽちの価値もない。」を読む

漫画で英語
【ベルギー】アトミウム

【ベルギー】GODIVA
本店だっけか?ベルギーにはチョコレート屋さんが日本のコンビニと同じくらいありました。

【ベルギー】ジュリアン君
3大ガッカリの一つ。うちの小学校にもあったような。

【ベルギー】ジュリアン君チョコレート
日本ならとりあえず、饅頭にしとけてきなのが、ベルギーだとチョコレートです。

【ベルギー】ブルージュ
北のヴェニスと言われるブルージュの運河。C'est tellement beau.

【ベルギー】美食の国ベルギー
ベルギーの食事は美味い。ビールも美味い!んだろう。下戸ですがなにか?

【フランス】エスカルゴ
初エスカルゴ頂きました。

【フランス】ルーブル美術館
ダ・ヴィンチ・コードや、最近では、パナソニックのLED証明のCMでよく見るよね。

【フランス】エッフェル塔
世界中に模倣品あるよね。


最近覚えた辞書にないフランス語?